NKCドローンアカデミー受講生募集中!今後、ますます多くの産業で活用が期待されるドローン。しかし、正しい知識と技術を持っていなければ、禁止区域への侵入やプライバシーの侵害、最悪の場合には墜落事故などを発生させてしまいます。多くの分野において活用が進むドローンを、安全に活用できる人材を育成したい。そうした想いから、NKCグループではドローンアカデミーを開校いたします。

お問い合わせはこちら

NKCドローンアカデミーが選ばれる4つの理由。1.少人数制で集中指導 & シミュレーターを使わない実機演習。2 .学科は好きな時間にeラーニングで受講可能。3 .NKCグループの堅実なノウハウと信頼性で導きます。4.卒業後のアフターフォロー

お問い合わせはこちら

ドローン技術講習受講規約

(目的) 第1条 
株式会社エヌケーシーは、無人航空機操縦者に対し講習の受講を促し、操縦技量の 底上げを図るため、国土交通省航空局により示された「無人航空機の講習会活用制度」 に従い、講習団体を指導監督する管理団体である「名鉄ドローンアカデミー」より認 定を受けた講習団体として、ドローン技術講習の実施、運営が円滑に行われるようこ の規約を定めるものである。

(受講規約) 第2条 
ドローン(無人航空機※1)技術講習受講規約(以下「本規約」という)は、株式 会社エヌケーシー(以下「当社」という)が講習団体として運営する「NKCドローン アカデミー」(以下「当アカデミー」という)が提供するドローン技術講習(以下「本 講習」という)を、第6条に従って申込み、受講資格を与えられた者(以下「受講者」 という)が受講する本講習に係る全般について定めるものとする。
※1 ドローンは航空法上の「無人航空機」に該当するが本規約ではドローンで表記する

(本規約の変更) 第3条
当社は、受講者に対して変更の1ヵ月前までに通知することにより、本規約を変更 することができるものとする。この場合、本講習の利用条件は変更後の受講規約に従 うものとする。

  1. 変更後の受講規約については、当社が別途定める場合を除いて当社所定のホーム ページ上に掲出することにより効力を発するものとする。

(当社からの通知、並びにその範囲) 第4条
当社は、ホームページ上の掲出、その他当社が適当と判断する方法により受講者 に対して随時必要な事項を通知する。

  1. 当社が受講者に対して発する通知事項は、本規約の一部を構成するものとする。

(本講習の内容) 第5条
本講習の内容は、ドローンの安全飛行に関する知識や航空法等関連法令の学科講 習、並びに実機を用いた実技講習から構成されるものとし、その詳細は当社所定のホ ームページ上に定めるものとする。

(受講の申込み及び受講資格) 第6条
本講習の受講を希望する者は、第14条に定める受講条件を満たし、且つ本規約を 承諾のうえ、当アカデミー所定の方法により申込みを行うものとする。

  1. 当社は、前項により申込みを受けた場合、その内容を審査し本講習の受講を認める 場合は当該申込者に対し通知を行うものとし、当該通知をもって本講習の受講資格 を与えるものとする。

(受講料の支払い) 第7条
申込者は、受講料その他所定の金額(以下総称して「受講料等」という)を、当社 が指定する期日までに一括でクレジットカード決済、または当社所定口座へ銀行振 込払いするものとする。

  1. 当社は、いかなる事由においても一度納入された受講料等については返金しない ものとする。

(実技講習の実施場所、学科講習の方法) 第8条 
本講習の実技講習の実施場所は、当社所定の室内練習場とする。ただし、やむをえ ない事情がある場合には、場所及び日時等を変更する場合がある。

  1. 本講習の学科講習は、原則としてインターネット環境でのeラーニングにより受 講者自身により行うものとし、この場合当アカデミーより受講者ごとにアカウント が付与される。

(受講資格の有効期間) 第9条 
本講習における受講資格の有効期間は、第6条第2項の通知日から起算し3ヵ月 間とし、受講者は有効期間内に本講習のすべての内容を受講するものとする。

  1. 当社は、受講者が前項の有効期間内に本講習の一部または全部を受講できない場 合でも、原則として受講料等の返金はしないものとする。

(中途辞退) 第10条
受講者は、受講資格を得たのちに本講習の受講を辞退する場合は、その旨を当社 に書面をもって届け出るものとする。 ただし、当社はこの場合でも受講料等の返金はしないものとする。

(免責事項) 第11条 
当社は、以下の各号について受講者に対し一切の責任を負わないものとする。
(1) 受講生の通学途上等、当アカデミーの管理下にない状況下で発生した被災事故  等
(2) アカデミー内において生じた盗難及び紛失
(3) 受講者同士のトラブルによる損害

  1. 当社は、実技講習等においては受講者の安全に十分配慮するものの、他の受講者の 操作等やむを得ない事由によって万一受講者が被災し損害が生じた場合は、当アカ デミーにおいて加入する第三者賠償責任保険の範囲内で補償するものとし、その他 の賠償責任は負わないものとする。

(安全配慮義務、損害賠償の責任範囲) 第12条 
受講者は、本講習の受講にあたり当アカデミーの指導者等の指示に従い、安全 に十分配慮する義務を負うものとする。

  1. 受講者が受講中にドローンの操作を誤ったことにより生じた一切の損害について は、当アカデミーで加入する第三者賠償責任保険の補償対象範囲内に限り保険によ り損害補填するものとし、受講者の故意または過失による場合など保険の補償対象 外となる損害については、当社では一切補償せず受講者がその賠償の責を負うもの とする。

(「修了証」、「技能認定証」) 第13条
当アカデミーは、設定コースごとに修了試験を実施し合格者に対してコースごとの「修了証」を発行する。また、スタンダードコース及びアドバンスコースを修了した受講者には「技能認定証」を発行するものとする。
なお、「技能認定証」は当アカデミーの管理団体である「名鉄ドローンアカデミー」が発行し、当アカデミーより交付される。

(受講条件) 第14条 
受講者は、以下の各号に定める条件を全て満たす者に限るものとする。
(1) 成人(20歳以上)であること。ただし、保護者の同意を書面で得ている場合の み、16歳以上も可能とする。
(2) 前項の規定にかかわらず実技体験コース及び当アカデミーが定めたイベント、 企画等については、小学生以上も受講可能とする。
ただし、この場合は生徒1名に対して原則として保護者1名が同伴することを 参加条件とする。
(3) 矯正視力が両眼で0.7以上、且つ一眼でそれぞれ0.3以上であるときは可能と する。一眼の視力が0.3に満たない方、若しくは一眼が見えない方については、他 眼の視野が左右150度以上であり、且つ視力が0.7以上であるときは可能とする。
(4) 反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過し ない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、また は特殊知能暴力集団等、その他これらに準じる者をいう。)ではないこと、また反 社会的勢力に該当する団体、個人との関係性がないこと。
(5) 当社が本講習受講に適格であると認めること。

(変更の届出) 第15条
受講者は、本講習への申込み後、当アカデミーへの届出事項に変更があった場合 には、速やかに当社所定の方法により変更の届出をするものとする。

(禁止事項) 第16条
当社は受講者に対し以下の各号に定める行為を禁止するものとする。
(1) 当アカデミーやその指導者、または他の受講者等に対して誹謗、中傷する行為
(2) 他人に対する暴力行為や威嚇行為
(3) 当アカデミー施設の毀損行為
(4) 受講中における緊急時以外の携帯電話の使用
(5) 他の受講者に対して迷惑となる行為
(6) 受講資格等、受講者として有する権利を第三者に譲渡、売買、または名義変更 等をする行為
(7) 受講中の様子等を当社の許可を得ずにSNS上に公開する行為

(受講資格の停止・除名) 第17条 
当社は、受講者が次の各号の一に該当する場合は、受講資格を一時停止もしくは 剥奪することができるものとする。この場合、受講者は受講料等の未納があるときは 直ちにその全額を支払うものとする。また、当社は既払い受講料等の返金はしないも のとする。
(1) 本規約に違反した場合
(2) 第14条(4)号に該当することが判明した場合
(3) 受講料等の支払いを怠った場合
(4) 当アカデミーの運営を妨害した場合
(5) 当社の名誉、信用を毀損した場合
(6) 当社の権利、財産等を侵害した場合
(7) 他の受講者の身体、財産、名誉、信用を毀損した場合
(8) 法令、公序良俗に違反し、犯罪に結びつく行為をした場合
(9) 当アカデミーの趣旨に著しく反する行為をした場合
(10) その他、受講者の行為が当アカデミーの運営に支障があると当社が判断した場合

(NDA会員) 第18条
当アカデミーは、「技能認定証」の交付を受けた受講者をNKCドローンアカデミ ー会員(以下「NDA会員」という)として認定する。
(「技能認定証」の再発行) 第19条
NDA会員は、「技能認定証」の紛失または盗難にあった場合、当アカデミーに対 し直ちに電子メール等により報告し、当アカデミーの指示に従って再発行の手続き をするものとする。なお、再発行にあたり以下の再発行手数料を支払うものとする。

再発行手数料 6,000円(税別)

(「技能認定証」の有効期間) 第20条
「技能認定証」の有効期間は、発行日に係属する月末より1年間とする。ただし NDA会員は、希望により第21条の定めに従って有効期間を更新することができるも のとする。

  1. 当社は、NDA会員が第14条に定める条件を満たさなくなった場合等を含めて、当 社が会員として不適格と認めた場合には、即座に会員資格を剥奪することができる ものとする。
  2. 前2項により「技能認定証」が失効した場合には、NDA会員は当アカデミーの指示 に従い資格喪失通知受領後速やかに「技能認定証」を郵送にて返却するものとする。

(NDA会員資格の更新) 第21条
NDA会員は、有効期間終了の3ヵ月前までに当アカデミー所定の申込み書により、 NDA会員資格の更新を申請する事ができる。 NDA会員資格の更新申請書が当アカデミーによって受理された場合、NDA会員は「技 能認定証」の有効期間を更に1年間延長することができるものとする。

(手数料等) 第22条
受講者は、「技能認定証」の交付及び更新の際には、以下の手数料を所定の期日 までに支払するものとする。

認定証発行料 0円(税別)
認定証更新料 10,000円(税別)

(NDA会員に対する免責事項) 第23条
「技能認定証」は、NDA会員のドローン操縦に係る知識及び技能の水準を証明す るものであり、当社はNDA会員に対して以下の責任を負わないものとする。
(1) NDA会員がドローンを操縦し、第三者及び第三者が保有する資産に損害を与え た場合の責任
(2) NDA会員がドローンを操縦したことにより、第三者から受けたクレームに対す る責任
(3) NDA会員がドローンを操縦した際に、各法令に違反した場合の責任
(4) NDA会員が国土交通省の定める「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査
要領」に係る飛行申請をした場合に、飛行許可が下りなかった場合の責任
(5) NDA会員がドローンを運航させた結果、ドローンに故障が発生した等の理由に よりドローンが墜落し、破損その他の損害が発生した場合の責任
(6) その他、NDA会員がドローンの運航に関して発生した全ての損害に係る責任

(個人情報保護) 第24条
当社は、当アカデミーの運営のために収集した受講者の個人情報(受講申込書に 記載された住所氏名等のほか、本人確認資料として徴求する運転免許証等の写し)に 関しては、個人情報保護に関する法律、同ガイドライン及び、その他の法令法規を遵 守するとともに、個人情報保護方針を以下に定め、個人情報の適切な取り扱いと保護 に努めるものとする。
株式会社エヌケーシー 「個人情報保護方針」 URL: https://www.web-nkc.com/gaiyou/kojin_kihon.html

  1. NDA会員は、前項の個人情報保護方針に掲げるものに加え、当社が当アカデミーの 運営のために収集した個人情報を、当アカデミーが技能認証をおこなったことを国 土交通省へ報告する目的で、同省に提供することに同意するものとする。

(受講料等料金の改定) 第25条
当社は、変更の1ヵ月前までに受講者またはNDA会員に対し通知することで、経 済情勢等の変動または経営上の事由により、受講料等及び手数料等を随時改定でき るものとする。

(本講習提供の中止) 第26条
当社は、受講者に事前通知をしたうえで、本講習の全部または一部の提供を中止 することができるものとする。

  1. 当社は、前項により本講習を中止する場合、受講者の未受講分の受講料等を返金す るものとし、それ以外の補償はおこなわないものとする。

(写真等の画像の使用許諾) 第27条
当社は、受講者から予め拒絶の申出がない限り当アカデミーにおける講習の様 子などを撮影した画像や映像を、受講者の許可を得ることなく当アカデミーのホー ムページ、受講者募集用の印刷物等、またはそれらに類するものに限定して使用でき るものとする。 ただし、利用にあたっては受講者の個人名等、本人を特定できるような個人情報は 一切開示、掲載、表記等をしないものとする。

(専属的合意管轄裁判所) 第28条
本規約に関する一切の紛争(裁判所の調停手続きを含む)は、鳥取地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意する。
附則
本規約は2020年9月16日より施行する。
2020年12月1日一部改定(第24条追記)

利用規約に同意してお申し込みに進む

NKCドローンアカデミーお問い合わせ先 NKCドローンアカデミーお問い合わせ先